ホームページは企業やお店の顔です。

image1
ホームページは24時間フル活動する営業マンです。
WEB閲覧者の気持ちになって自社の商品やサービスを最大限にアピールする

Webページを見る人は「顧客」となりうる可能性を持っています。
また、何らかの問題解決がしたいという期待をもってアクセスしてくる人も多いと言えます。
そこで、顧客の期待にそった内容が記載されていない場合には、顧客は離れていき、せっかくのビジネスのチャンスを逃がしてしまうことになります。

ビジネスにおいては、「Webによる情報発信というアクションに対して、顧客が抱く期待を汲み取ること」が重要です。
顧客がWebに何を期待しているのか、どのような情報を希望しているのか、あるいはどのような機能を希望しているのかを顧客の立場から「かっこいい」より「わかりやす」ホームページを構築していくことが必要です。